医者

高齢者を脅かす脊柱管狭窄症|気をつけるべき特有症状

神経に影響を与える病

看護師

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨の腰椎と呼ばれる箇所の椎間板が変形することで、引き起こされる病です。椎間板とは背骨の脊椎の間に存在するクッションの役割をもつものです。椎間板が骨と骨の間にあることで、体を動かす際に骨同士の摩擦や衝撃を和らげることができます。しかし、この椎間板は腰椎の変形によって飛び出してしまうことがあります。長年姿勢が悪かった人は、骨への負担も強く現れてしまい、腰椎などの骨が変形することでさまざまな影響が及ぼされます。腰椎が変形すれば、それにより椎間板にも負担が掛かり、圧力によって腰椎からはみ出てしまいます。腰椎を外れた椎間板は、脊柱内の神経を圧迫することとなるので、痛みや下半身への痺れが大きく現れることとなるのです。こうして現れた腰椎椎間板ヘルニアは、通常の腰の筋肉が炎症を起こす腰痛とは違い、神経が圧迫されることでのさまざまな影響が現れます。下半身への痺れによる不快感や歩行障害、さらには排尿や排便にも障害が現れるなど、椎間板によって圧迫された神経の下にさまざまな影響が現れます。重症化すると下半身付随となる可能性もあるので、通常の腰痛とは違う妙な痺れが現れた場合、速やかに専門の医療機関で治療を受けましょう。

ヘルニアなどの治療を手掛ける医療機関では、腰椎椎間板ヘルニアに対して外科、ないしは理学療法によって治療を行ないます。重症である場合や緊急を要する場合であれば、腰椎椎間板ヘルニアの治療法として外科療法が用いられます。神経を圧迫する椎間板を削ることや、切除することで神経への影響を改善できます。理学療法による治療法では、痛みを取り除く温熱治療と矯正器具を使用した固定法での治療となります。この方法は比較的症状が軽い場合に取られる治療法であり、患者さんに負担をかけず、腰椎椎間板ヘルニアの症状を徐々に改善させられるので、多くの医療機関でも利用されているのです。腰椎椎間板ヘルニアになったからといって、必ずしも体に負担の掛かる切開手術をされるわけではないので、安心して診察が受けられるでしょう。