医者

高齢者を脅かす脊柱管狭窄症|気をつけるべき特有症状

負担の少ない最新治療

男性

椎間板ヘルニアの治療方法として、現在多くの人の注目を集めているのが、レーザー治療による方法です。大阪などにある専門のクリニックで利用ができるレーザー治療は、体への負担が少ないとして椎間板ヘルニアに悩む多くの人に利用されている治療法です。大阪にあるクリニックが行なうレーザー治療では、飛び出した椎間板へレーザーを照射することで、圧迫している神経への圧力を弱めることができます。椎間板は多くに水分が含まれていますが、レーザー照射を行なうことでこの水分を蒸発させることができます。椎間板の水分を失わせることで、椎間板を縮小させられます。神経を圧迫していた椎間板が小さくなれば、神経への負担もたちどころに改善するので、高い治療効果が得られるのです。椎間板ヘルニアを治療する大阪のクリニックは、皮膚の上から針のような細さのレーザー照射器を挿入し、治療を行ないます。切開による治療法に比べ、体を大きく切り開くことがないので、出血などの負担を抑えることができるでしょう。部分麻酔のみで治療ができるので、体への負担は従来の外科療法に比べ格段に小さいものとなるのです。

外科療法による椎間板ヘルニアの治療法は、メスによって体を切り開き、さらに体への負担の大きい全身麻酔を施すことから、治療を行なった後は入院せざるを得ません。しかし、大阪のクリニックが行なうレーザー治療であれば、出血もなく部分麻酔のみで治療ができるので、入院せず日帰りで手術を受けることもできるのです。入院によって長く院内へ拘束されることが嫌な人は、レーザー治療での椎間板ヘルニアを治す方法を選択するとよいでしょう。時間も15分程度で終えられるので、忙しい人や体への負担が問題となる高齢者にも利用ができます。回復が早い人であれば、翌日から日常生活に戻ることができるとされているので、多くの人からこのレーザー治療は支持されているのです。