医者

高齢者を脅かす脊柱管狭窄症|気をつけるべき特有症状

腰を大事にしよう

病院

「腰痛」という言葉はよく耳にする。実際に経験している人も少なくないのである。まずはその特徴について書いていく。文字通り腰周りの痛みのことであり、特徴として様々な原因があり、さらには様々な種類があるということが挙げられる。腰の構造上から原因を考えていくと、脊椎というものが関わっていることが分かる。これは24本の椎骨から構成されている部分であり、椎間板がクッションの役割をしてこの24本の椎骨を連結している。腰痛の一つとして、椎間板関連の物が症例としてよく耳にするものである。加齢によるものや神経の圧迫、椎間板の炎症などの原因が主なものとして挙げられる。腰という場所は人間が活動する際に必須となる場所であるので、原因を追究することは非常に重要なことである。

工夫することで得られるメリットについてあげていく。工夫してこの腰痛と向き合っていくことで、症状を軽減することができ、日々の生活がより一層充実したものになるのである。症状を和らげるのに必要なことを、前述した原因と絡めて説明していく。代表的な方法としては、病院で処方される湿布による治療がある。湿布には広く知られているように、炎症を和らげる効果があるのである。温湿布と冷湿布があり、適宜状況に応じてこれらを使い分けていく。急性的な痛みが起きたときには、原因が炎症と考えられるので冷湿布を貼る。それ以外は温湿布というのが一般的な使い方である。使い方を間違ってしまうと効果が出ない可能性もあるので、腰痛の際に貼るタイミングには注意が必要である。きちんと医師の指示に従った上で、腰痛の治療に取り組むことが、早期の回復に繋がるだろう。