医者

高齢者を脅かす脊柱管狭窄症|気をつけるべき特有症状

神経に影響を与える病

看護師

腰椎椎間板ヘルニアは、腰の腰椎にある椎間板と呼ばれる部位が飛び出てしまうことで、神経を圧迫してしまう症状です。腰の痛みとともに、下半身への麻痺が現れてしまうので、早急な治療が必要となります。外科療法によって椎間板を削る治療のほか、負担の少ない理学療法での治療も利用できます。

Read More...

腰を大事にしよう

病院

腰などは人にとって大事な部位なのです。なぜなら様々な箇所支えているからなのです。また、腰は使うこと多いため痛めやすかったりするのです。そのため腰痛もちになったりする可能性があるため腰痛についてを把握しておきましょう。

Read More...

加齢による腰痛

腰痛

手術で治る

ある日突然何かの動作が引き金で腰に激痛が走って動けなくなるぎっくり腰。また不自然な姿勢が原因で慢性化する腰痛。腰は人間の体の要部分にあるので、傷めると日常生活に支障をきたします。中高年ではまだ脊柱管狭窄症になる人は少ないですが、これも腰痛の一種です。加齢によって脊椎の軟骨が減ったり脊椎が変形することから神経を圧迫することで痛みが生じます。普通にじっとしていたら痛みはないですが、長時間が歩くと痛みが出る、歩行できないくらい、しびれや痛みがでるまで個人差があります。歩行できないくらいの痛みの場合は手術すれば治ります。しかし、また悪化することはあるようです。前かがみの姿勢は痛みが和らぐのが脊柱管狭窄症の特徴です。

痛くても動かす

しかし、高齢の場合など痛くてもゆっくりでも歩けているなら手術しないで、生活することは可能です。脊柱管狭窄症は、痛くても動かすことで悪化するわけではなく、運動することで人間の体には、痛い部分をまわりの筋肉などで補強して圧迫された神経を守ろうとする補修力もあるからです。痛いからと言ってじっとしていると、動けなくなる場合もあります。炎症部分は湿布などで痛みが緩和されます。また注射などでも痛みは緩和します。けれども、痛みが緩和された状態で動かすことで、血流をよくすることもまた大事です。冬場は入浴で温めることも効果的です。脊柱管狭窄症は決して珍しい腰痛ではなく、歩きすぎ、使い傷みの部類に属し、加齢とともにうまく付き合っていくことが大切です。

負担の少ない最新治療

男性

大阪のクリニックでは、椎間板ヘルニアの治療法としてレーザー治療による施術を行ないます。レーザーを照射する細い針を体に差し込むことで、体に負担を掛けずに治療が行なえます。また、施術時間も短く回復も早いので、忙しい人でも治療が受けられる方法なのです。

Read More...